崖っぷち会社員!そろそろ会社やめます

会社やめたいと願っている中年がブログはしめました。

読書感想〜コンビニ人間

村田沙耶香 著「コンビニ人間」読みました。

この作品は、2016年に芥川賞を取っています。

f:id:tfx4869:20190610225437j:image

 

いつもは、推理かミステリーしか読まないのですが、たまにはこういう賞を取った作品を読んでみるのもいいかなと思って読んでみました。

 

読み始めは、ちょっと戸惑いました。

全編、主人公、古倉さん目線の言葉で書かれています。

 

古倉さんは女性で一般的な「普通」とは違う考え方を持った人物です。

例えば、学校で起きたケンカを止めるのに当事者をホウキで殴ったり、妹の赤ちゃんの事を動物の赤ちゃんと変わらないと考えたり。

 

そんな古倉さんは、学生時代から30台半ばでずっと同じコンビニでバイトをしています。

 

その理由は、「普通」の人間でいられるから。

コンビニの仕事は、全てマニュアルで決まっているので、その通り動いていれば普通に見てもらえるからです。

 

最初は、戸惑いながら読んでいたのですが、読んでいくうちにこの後どうなっていくんだろうとやめられなくなっていく自分がいました。

 

毎日疑問を抱きながら生きているのか、古倉さんと共感できる自分がいるのかもしれません。

 

そんな古倉さんにも転機があります。

早羽さんという男性がバイトにやってきます。

 

この男性、どうしようもないです。こちらも定職につかず独身。それを全部自分以外のせいにした考えの持ち主。

 

古倉さんも年齢を重ねていくと、就職せず独身という事で普通ではなくなっていって、、、

 

この作品は、普通とは何か、平等にとは何かを考えさせてくれました。

 

結局、偏見と差別だらけの世の中だと気付かされます。

 

人それぞれ考えを持っているのに、多数派の考えが普通で正しく、少数派は間違っていると考えてしまっているんだなーと。

 

少数派だって間違っているわけではないと。

 

だんだんわからなくなってきました。

 

全ての人、全ての意見を認めようという事なのかな。

 

でも、少し人に優しくなれたような気がします。

 

この作品は、人それぞれ感じ方が違うと思います。

 

私は古倉さんの生き方は、全然普通だ思います。

 

 

香取慎吾さん初個展行ってきた

サントリー オールフリー presents BOUM! BOUM! BOUM! 香取慎吾NIPPON初個展」

行ってきましたー。

f:id:tfx4869:20190604075223j:image

 

天気も崩れることなく、暑いくらい。

豊洲駅からテクテク15分程で到着。

 

11:15開演だったので途中でコンビニでも寄っておにぎりでも買おうと思っていたのですが、通り道にコンビニが無く、会場で売っていた揚げパンを600円で購入し食べました。(高っ!)

これは失敗でした。建物の中のロビーであんぱが350円で売ってました。もちろん、オールフリーも売ってましたよ。

 

それもいい思い出になったと思いながら、トイレを済ませて開演まで待ちます。

 

グッズは、先に買うこともできましたが、帰りに買うことに。Tシャツなど、着てから楽しみたいという人は買って着替えてました。

 

圧倒的に女性が多い。99%女性っていうくらい。親子連れでも着てる人もいましたよ。

 

開演し、10分ほどの映像を見た後に個展会場に。

まず、目に飛び込んでくるのは慎吾くんの心臓をモチーフにしたこれです。

f:id:tfx4869:20190604080240j:image

触ると心臓の鼓動を感じることができます。

f:id:tfx4869:20190604080620j:image

 

会場は、A,B,Cと3つに分かれていて、Aが展示作品の数が多く、Aだけで1時間くらい見てられます。

 

Aには、作りかけの作品も。

f:id:tfx4869:20190604081035j:image

 

後でわかったんですが、私の見た回の次の回に香取慎吾さんがこの作品を書きに来ていたみたいでした。

うーん。残念!描いてる姿を生で見たかった。

 

とは言え、芸術のことはよく分かりませんが、良かった。上手く言えませんがとにかく良かった。来て良かった。

 

頭の中を空っぽにして、何も考えずに見てみたら、よく分からないけど、すごく良かった。

 

作品にはアプリを使った"シカケ"のあるものもあり、アプリを使うと、、、面白い。子どもも飽きることはありません。

f:id:tfx4869:20190604204221j:image

 

ステージBは、大きな作品がメイン。

カッコいい。

f:id:tfx4869:20190604204443j:image

 

毎日更新しているブログの絵もありました。間近なものもあり毎日増えているようです。

 

ステージCは、カメラNGゾーンです。

なので、ここでは詳しく記載しません。

是非、行ってみてください。

最後に参加して慎吾さんの芸術の中に入れます。写真を無料でダウンロード出来ます。すごく記念になります。

 

会場から出てグッズ買いました。

私は男なので、キーホルダーです。

f:id:tfx4869:20190604205119j:image

 

このキーホルダー、もしやと思い、アプリで写してみたところ、ちょっと難しいですが反応しました。

f:id:tfx4869:20190604205312j:image

 

個展なんて行ったことありませんでしたが、今回行ってみて、ちょっと芸術がわかったような気がします。(まだまだ全然ですが、、、)

 

私の場合、慎吾くんのブログを読んで興味が湧いて、慎吾くんの作品を見てみたいと思い行ってみました。

結果、よかった。芸術って自由なんだなーと。何でもありなんだなーと。創造であり破壊であり。自由であり不自由であり。難しいですが、頭の中を空っぽにすればなんかわかった気がします。

 

次回、あれば是非また行ってみたいと思います。

 

 

内藤了著 藤堂比奈子シリーズ レビュー

内藤了著

藤堂比奈子シリーズ

全て読み終わりました。

 

「ON」から「BURN」まで。

f:id:tfx4869:20190530074845j:image

f:id:tfx4869:20190530074857j:image

 

いやー、面白かった。

 

シリーズとして終わってしまうのは残念に思いますが、話の内容ではきっちり終わっているのでいいのではないでしょうか。

 

「ON」から「BURN」まで、スピンオフまで含めて全て話として繋がっています。

 

もちろん、一つ一つ読んでも面白いのは間違いないです。

 

でも、話しは全て繋がっていますので「ON」から発行順に読んでいくのがおススメです。

 

「BURN」を読み終えた今、もう一度「ON」から読んでみたいと思っています。一気に全巻。

 

もともと、テレビドラマ化したのを見て原作を読みたいと思って読み始めたのですが、それでハマりました。

 

主人公の藤堂比奈子の人物像か、テレビドラマとは全く違っています。

 

私は、原作の藤堂比奈子の方が話として好きですね。

 

内藤了さんは、新シリーズの小説も出しているのでそちらも機会があれば読んでみたいと思います。

また、いつの日か

諸事情によりこのブログの更新を一旦止めます。

 

文章を書くのが苦手で少しでも書くことに慣れようと始めたこのブログですが、少しの間止めようと思います。

 

ただ、香取慎吾さん、稲垣吾郎さんのブログは読み続けます。

あと、草薙剛さんのユーチューブも見続けます。

 

いつになるか分かりませんがまた始めます。

香取くんブログの感想〜問題です。

香取くんブログ「空想ファンテジー」の記事、「エンバン」が面白いので感想します。

 

さて、エンバンから降り立って1マイトサーガで地球を終わらせるはずが、アイスクリームを好きになってしまい、終わらせずに住み着いていると言うストーリー。

 

一体いつアイスクリームを食べたんでしょう。

 

誰かが食べているのを見て食べたくなったのでしょうね。

 

と言う事は、その宇宙人の惑星にはアイスクリームと言う食べ物が無かったと言うことになる。

 

アイスクリームは、夏でも冬でも美味しいですから。

 

でも、きっと食べたのは夏です。

アイスクリームを始めて食べてここまで凄く美味しく感じるのは夏だと思います。

 

冬でもいい美味しいと思うのはアイスクリーム上級者です。

 

さて、1マイトサーガとは、この宇宙人の住む惑星の時間の単位を表しているのですが、地球でいうとなんでしょうか。

本編を読めばすぐわかるので、本編を読んでください。

 

香取くんブログの感想〜立場が違えば、

香取慎吾くんのブログ「空想ファンテジー」の記事「香水おばさん」を読んだので感想します。

 

香水おばさん、自分の気に入らない香りの人に香水をかけてくるらしい。

 

私が思う香水おばさんは、

 

見た目は非常に上品なおばさま。

 

香水のかけ方は、至極優しく、シュッっと上手に1回。

 

かけた後は、ニコッと上手な笑顔を投げかける。"もうこれで大丈夫"と思わせてくれる笑顔で。

 

私のような加齢臭漂うオヤジには、なくてはならない存在。

加齢臭を消してもらうために逆にこっちからかかれに行くくらい。

 

決まった場所・時間は無く、神出鬼没のおばさま。

もちろん住んでいる所は不明だ。

 

妹には恐怖の香水おばさんでも、おじさんには女神のような香水おばさまなのだ。

慎吾くんブログの感想〜一生懸命

香取慎吾くんのブログ「空想ファンテジー

 

今日のおはなし「レインダンサー」の感想です。

 

昨日の雨、スゴかった。らしい。

 

らしいと言うのは、私の住んでいる所は都心から離れているので都心がどれだけスゴかったかテレビでしか見てませんので。

 

昨日もスゴい雨の中レインダンサーは、現れたのでしょうか。

 

どんなダンス?

激しいキレッキレのダンスだと思われます。

 

ダンサーは1人じゃありません。何人かはその時の雨によって変わってくるのかと。

 

昨日は、さぞかし激しいダンスだったのでしょうね。

 

ただ少し残念なのは、1人だけワンテンポずれてるということ。

 

でもその1人誰よりも激しく楽しく踊っているのでプラマイゼロですかね。

 

ダンスは苦手でも一生懸命踊っていると伝わってくるものです。

 

上手、下手よりもその方が響いてくるものがあります。

 

雨の日でも楽しませてくれる人たちなのでしょう。

 

でも、そんな彼らは人ではなかった。

それは、、、

本編で確認してください。